お年玉との上手な付き合い方

お正月について

破魔矢とは

お正月というのは子どもからすると、学校も休みでお年玉ももらえるという、一年の中でもとても楽しい時期ですが、いろいろなイベントがある時期でもありますよね。そのひとつとして初詣というものがあります。

初詣で厄除けやおみくじを引いたりしますが、その中で神社で手に入れる破魔矢というものが一体何なのかということが、気になる方も多いのではないでしょうか?ここでは、その破魔矢というものが一体何なのかをお伝えしていきたいと思います。

この破魔矢というものは、正月の期間中の縁起物として神社や寺院で授与される矢を指します。初詣で神社や寺院に行った際に、多くの場所で厄除けのお守りとしてということで、手に入れることができます。破魔矢単体ではなく、破魔弓(はまゆみ)と呼ばれる弓と対にされていることもあります。

この破魔矢(はまや)という名前というのは、破魔矢奉製所という会社が昔は登録商標をしていたものなのです。しかし、登録商標の更新をすることを怠ってしまったために、一般名として使われるようになったというような説もあります。ですが、これはNHKのニュースでも破魔矢のことを魔除けの矢などと呼んでいることがあった程度のものであって、破魔矢という言葉は、会社に商標登録されるような時期よりもずっと以前からありました。

元々、ハマというのは競技の弓道に用いられるような的を指します。そして、これを射るための矢のことを、浜矢(はまや)と呼び、そして弓のことを浜弓(はまゆみ)と呼んでいました。いつしか、はまが破魔に通じるということで、縁起物として扱われるようになりました。

スポンサードリンク

お年玉の基礎知識

お年玉付き年賀ハガキ

お年玉のマナー

その他のお祝い

お正月について

ページトップへ