お年玉との上手な付き合い方

お正月について

年賀状とは

お正月には、おせち料理であったり、お雑煮であったりというようなお正月限定のご馳走が並んだり、子どもにとってはお年玉というものをもらえる機会であったり、親戚などが集まってみんなで遊ぶなど、といったように楽しい時期なのではないでしょうか。

そして、お正月にはいろんな人から、年賀状というものが届くと思います。この年賀状とは一体どういったものなのでしょうか?この項では、年賀状というものが一体何かということをお伝えしていきたいと思います。

年賀状とは、元々は年始の挨拶をするために、その人の元に行けない人に向けて出すという書状だったようです。しかし、現在ではどちらかというと新年の恒例イベントの中の一つとなっているのではないでしょうか。

神道を家の中で信仰しているというような家庭では、その年内のうちに近親者などが亡くなってしまった場合には、家が汚れ(けがれ)ているという意味の、喪中としてその年は他人への挨拶というのは控えるような習慣があります。喪中の時というのは、十一月の終わり頃から十二月の初旬ごろにかけて、その家は喪中であり年頭には挨拶に行けないというような旨の知らせを出します。

しかし、仏教の信仰の中では浄土真宗がこの喪中というものに対して、死者につく汚れというような教えはありませんので、喪に服すというような習慣はやめるように伝えています。年賀状の販売枚数というのは減っており、六億枚近くの年賀ハガキが売れ残ってしまっている。毎年、売れ行きは非常に鈍くなっており、年賀はがき離れが進行しています。

スポンサードリンク

お年玉の基礎知識

お年玉付き年賀ハガキ

お年玉のマナー

その他のお祝い

お正月について

ページトップへ