お年玉との上手な付き合い方

お正月について

初夢とは

昔からお正月というものは、いろいろなイベントであったり、ご馳走であったり、特徴的な風習などが存在しています。このなかのイベントとしては、初詣であったりお年玉であったり、お雑煮を食べる習慣であったりというものです。

また、仕事や学校から開放される時期という事で、とても嬉しい時期であると感じる方も多いのではないでしょうか?さてその中で、新年を迎えて見る夢、初夢というものがありますよね。正月というのはその一年の縁起を担ぐ時期ですが、この初夢というものは一体どういったものなのでしょうか?これをこの項ではお伝えしていきたいと思います。

まず、初夢というのは、新年になって最初に夜に見る夢をいいます。文献の中での初夢の登場は、鎌倉時代に書かれた山家集というもので、そこには、暦の上での新年とはまったく無関係なのですが、節分をすぎてから立春に見る夢のことを初夢というように言っています。

昔から初夢で見れると縁起がいいもののことを表すことわざというのがあって、一富士、二鷹、三茄子(いちふじ、にたか、さんなすび)というものです。これの起源というのは、一説によれば、富士山と鷹狩り、そして初物であるなすのことを徳川家康が好んでいたというような説もありますし、富士山は日本一の山で、そして鷹は非常に賢くて強い鳥であり、なすは、その名前から事を成すにつながるというような、様々な説が存在します。

実は字のとおりに新年を迎えて最初に見る夢であるというようなことは少なく、一般的には一月二日の夜に見る夢のことを指します。

スポンサードリンク

お年玉の基礎知識

お年玉付き年賀ハガキ

お年玉のマナー

その他のお祝い

お正月について

ページトップへ