お年玉との上手な付き合い方

お正月について

鏡餅とは

お正月というのは、一年の中でもいろんな種類のご馳走が振舞われたり、さまざまなイベントがあったり、古くからの風習が存在します。その中のひとつにはお年玉であったり、初詣であったり、鏡開きなどです。

この、鏡開きをするときに使う、鏡餅というものは一体どういったものなのでしょうか?この項では、この鏡餅とはいったいどういったものなのかということを、お伝えしていきたいと思います。

まず、鏡餅というものは、正月などの時期に神仏に対して供えるための、平たくて丸いお餅のことを指します。スタンダードなものは、大小二種類のお餅を重ねますが、地域によってはこのお餅を三枚重ねるものや、二段の片方のお餅を赤に着色することで縁起が良いとする、紅白の鏡餅も存在します(多くは石川県で見られます)。

また、お餅ではなく、代わりに砂糖で形作ったものであったり、お餅を細長く伸ばし、そしてそれを渦巻状に丸めていき、白蛇がとぐろを巻いている様に見立てたものといったような、さまざまなバリエーションが存在しています。

鏡餅という名前は、丸く平らになっていてその形が鏡の形に非常に似ているというようなことから、この名前がつきました。また、それだけではなく鏡餅のこの丸い形というのは家庭円満も表しており、その重ねた姿というものには、一年をまためでたく重ねていくというような意味も含んでいるのです。このように、祈りと一年が健康で無事であったことを、神仏に感謝するという気持ちをたくさん込めて飾るというような行為は、非常に歴史的であり、また日本人の固有文化ではないでしょうか。

スポンサードリンク

お年玉の基礎知識

お年玉付き年賀ハガキ

お年玉のマナー

その他のお祝い

お正月について

ページトップへ