お年玉との上手な付き合い方

お正月について

お屠蘇とは

お正月という時期というのは、多くの方が仕事が休みであり、子どもも学校が休みであり、親戚も集まる事が多いのではないでしょうか。その親戚といろいろなお正月特有の遊びであったり、料理も食べたり、親戚の子どもにお年玉をあげたりといろいろなイベントやご馳走などがあり、とても忙しく、しかし楽しい時期なのではないでしょうか?

親戚が集まって大人達がお酒を飲んだりしているときによくみてみると、お屠蘇(おとそ)というものである場合もあります。では、このお屠蘇ですが、一体どういったものなのでしょうか?この項では、このお屠蘇とは一体何かということをお伝えしていきたいと思います。

まず、このお屠蘇というものは、その一年間の邪気を払って、そして長寿に祈りを込めて正月に呑む薬酒を指しています。昔からの言い伝えでは、一人がこれを呑めば、一家が病無く、一家がこれを呑めば、一里が病無しというように言われていますので、正月を祝う席には、最近でも欠かせないものになっています。

屠蘇の起源とは、蘇と呼ばれる鬼を屠ほふる(ほふる)ということを意味したものであると言われています。どちらにしても正月に邪気を払い一年の無病長寿を祈願し、そして心身共に改まっていこう、というような願いを込めてみんなでいただく、お正月の独特のお酒です。

そして、飲む人の順番にはその地域によって差があります。ですが、年齢が若い方から順番に飲んでいくのが正式な飲み方になります。最近では、明治時代や昭和初期頃に家長から順に飲んでいくようになったとも言われています。

スポンサードリンク

お年玉の基礎知識

お年玉付き年賀ハガキ

お年玉のマナー

その他のお祝い

お正月について

ページトップへ