お年玉との上手な付き合い方

お正月について

お正月の遊び

子どもはお年玉をもらえ、そして学校も休みという、楽しくてうれしいお正月ですが、日本のお正月には一体どのような子どもの遊びがあるのでしょうか。伝統的な子どものお正月の遊びについて、この項ではお伝えしていきたいと思います。

まず、日本のお正月というものには、古い時代から伝承されている、凧あげであったり、羽根突きや、またはかるたや百人一首、もしくは福笑いなどといったような遊びがあります。

その中でもお正月の子どもの遊びで代表的なものとして、すぐに思い浮かぶのはやはり凧あげではないでしょうか。江戸時代頃から日本のお正月にする、伝統的な遊びということで定着していったといわれています。実は元々は、縁起担ぎであったり、おまじないというような意味合いが大きかったようです。

最初の頃は、年初めに、男児の出生を祝うために両親が、その成長や健康を祈るための儀礼として行われました。そして、その子ども自体も、お願いごとをその凧に乗せて空に上げることで、願い事を天へ届けるというような意味もありました。

そして、羽根つきですが、 この羽根つきは、美しく飾られた羽子板で、鳥の羽を ムクロジの実につけたもの(羽根)を、お互いに空中へ打ち上げあうという正月の遊びです。昔は羽子板のことを胡鬼板(こきいた)、そして羽根つきのことを胡鬼子(こきのこ)と呼んでいました。胡鬼というのは異界の鬼をあらわす意味の言葉で、羽根つきというものは遊びというものよりも、悪霊払いであったり、その一年間の自分達の吉凶を占うというような目的が大きかったようです。

スポンサードリンク

お年玉の基礎知識

お年玉付き年賀ハガキ

お年玉のマナー

その他のお祝い

お正月について

ページトップへ