お年玉との上手な付き合い方

お年玉のマナー

ぽち袋の由来

お年玉袋のことをポチ袋であったりだとか、祝儀袋などともいいますが、その語源はなにかというと僅かであるだとか、心ばかりではあるがという意味の、古い関西弁のぽちっと、また関東弁のこれっぽちというような言葉からきているのではないかと言われています。

このように小銭(少しのお金)を入れるための袋であるということからポチ袋、もしくはご祝儀を包むための袋であることから、これを祝儀袋というように言われるようになったということです。

これらは元々、花柳界の中での芸妓や芸者に対しての、花代であったりお付きの人に対しての祝儀(現代でいうところのチップ)としておひねりとも言われる小銭を手渡すのときに、懐紙であったり半紙などに包み手渡していました。しかし、この小銭というのが硬貨であり非常にこぼれやすく、そこで包み紙の端をノリで止めるようになっていき、それがいつのまにか袋になっていったようです。

袋に施されるデザインというのも手書きであったり木版刷りのようなその時代には、袋のその用途から粋であるような図柄が主流となっていました。しかし、昭和に入って(多く用いられるようになっていったのは、昭和の中でも中期以降ですが)お正月に使うお年玉袋として多く使われることになると、贈る側である大人にあわせ、松竹梅であったり鶴亀や縁起物などといったものを用いた図柄が多くのものを占めていきました。

しかし、その後、今度は贈られる側である子どもにあわせた図柄に変っていき、最近では子ども向けのキャラクターなどというような図柄が多くを占めています。

スポンサードリンク

お年玉の基礎知識

お年玉付き年賀ハガキ

お年玉のマナー

その他のお祝い

お正月について

ページトップへ