お年玉との上手な付き合い方

お年玉のマナー

お年玉は何歳から?

子どもからすると、お正月にもらえるお年玉は非常に嬉しいものだとおもいます。しかしこのお年玉なのですが、一体何歳になったらあげ始めてもいいのでしょうか?ここについて、この項ではお伝えしていきたいと思います。

まず、お年玉をあげる対象になる年齢というのには、もちろんですがきまりであったり制限といったものは存在しません。

いったい、誰にあげるのかといったことは、あげる側が持っている気持ちによっても全く異なってきますが、しかしお金の価値を全く知らないような幼児であったり、大学生になってまであげるというような必要があるのかどうかということについては、あげる対象となる子どもの年齢によるものではなくて、そのこどもの父母などの、その家族との付き合いの深さの度合によって判断していくのが、一般的な考えであるといえます。

また、お正月に訪問をする時に御年始や、御年玉といって、贈り物を持参していくということが盛んになって、それが形を変えていき、段々と家人に対しての贈答物のことを御年賀であったり、御年始などとし、こどもへの贈答品として持参したもののことを、お年玉というように使い分けるようになりました。

また、お年玉をいくらくらいにするかというような、お年玉の相場についても、当然なのですがきまりであったり、制限などというものはありません。しかし、自分の子どもがお年玉を貰ったことに対してのお礼の必要性などを教えるために、親のが見ている目の前で、子どもに手渡しであげるというのが礼儀であると言えます。

スポンサードリンク

お年玉の基礎知識

お年玉付き年賀ハガキ

お年玉のマナー

その他のお祝い

お正月について

ページトップへ