お年玉との上手な付き合い方

お年玉の基礎知識

お年玉が正月の楽しみ

お正月のみんなの楽しみには、非常にたくさんの行事であったりだとか、年賀状の交換で旧友との交流をしたり、初詣にいったり、またお年玉付き年賀ハガキの当選であったり、おせち料理であったりしますが、子どもにとってはお年玉というものは年に一度ですので、とても大切な感心ごとだとおもいます。

しかし、このお年玉というものはなにに使おうかなどと非常に楽しみなものですが、いったいどのような意味があるのでしょうか?この項では、それについてお伝えしていきたいと思います。

まずお年玉というものは本来、旧暦でのお正月に新年を無事に迎えることができたということを祝うために、身近なものに贈られた品物のことを意味しており、日本ではその歴史は非常に古くからあると言われています。

当時は、今のように金銭ではなくて、身分であったり職業などに応じて太刀であったり扇、または丸薬などというものを贈っていたのですが、現在ではお餅であったり、お菓子などを贈るような一部地域を除き、金銭を目したのものに贈るというような習慣や、またはその金銭のこと自体を指しています。

由来としては、歳の賜物(たまもの)であるということから徐々に、としだまというように呼ばれるようになっていった、と言うような説であったり、もしくは昔は餅の玉を贈答品として贈っていたため年玉という名前がついたと言う説もあります。ですが、どちらにも確証はまだないというのが現状なのです。また、韓国でも旧正月の時期には、大人から子どもに金銭を与えることでその一年の無事を祈ります。

スポンサードリンク

お年玉の基礎知識

お年玉付き年賀ハガキ

お年玉のマナー

その他のお祝い

お正月について

ページトップへ