お年玉との上手な付き合い方

お年玉の基礎知識

お年玉が丸薬?

お年玉というのは日本のなかでは、中世にその始まりというものを見ることができます。当時というのは武士は太刀を、そして町人は扇を、そして医者は丸薬をお年玉として贈っていたようです。

ですが、時代の流れによって少しずつそれが姿を変えていき、お正月に子どもに対して金銭を与えるというような習慣であったり、その金銭のこと自体を指すようになりました。

また、現在でも土地によってはお餅であったり、お菓子を与えています。このお年玉というものは、お歳暮とはまったく違って、お年玉というのは目上の人が、目下の人に対して贈るというものです。ですので、逆に目上の人に対して、もしくは目上の人の子どもにお年玉をあげると言うことは、実は非常に失礼であり、常識から逸脱してしまったような行為となってしまいます。ですのでよく注意しておきましょう。

また、お年玉という言葉の語源なのですが、これには諸説があって実はまだはっきりしていないというのが現状です。

韓国であったり、中国というような日本に近いアジアの国の中にも、お年玉に似ている習慣はあります。中国の場合には、お年玉というものではなく圧歳銭と呼ばれ、子どもに金銭を与えるというようなことで、その一年間を災いや厄などから守ろうというものです。日本のお年玉は、年神様への供え物である、お餅に神霊の分霊が宿って、そのときの供え物を子どもに与えることでその一年間は、その子どもに力を授けてもらえ、災難から守ってもらい、また無事にその年を過ごしていくことができると信じられています。

スポンサードリンク

お年玉の基礎知識

お年玉付き年賀ハガキ

お年玉のマナー

その他のお祝い

お正月について

ページトップへ