お年玉との上手な付き合い方

お年玉の基礎知識

お年玉の起源

日本ではお正月というと、その楽しみの中には、多くの行事であり、もしくはたくさんの年賀状を見ることであったり、親戚などと初詣に行くなど、もしくはおせち料理、お雑煮などの正月料理であったりしますが、子どもにとっては特にお年玉というものが楽しみでしょう。

大人のみなさんにも覚えがあるとおもいますが、一年に一度のこのお年玉という行事ですが、とても楽しみにしていたのではないでしょうか。そして、お年玉使い道はどうしようかなどと、非常に楽しみなものですが、このお年玉の起源や由来というものはいったいどの様なものだったのでしょうか。この項では、起源についてお伝えしていきたいと思います。

昔というのはお正月を迎えることで歳をひとつ重ねるというような、数え年というものがねんれいとしては使われていました。そして、その象徴である歳神様という神様を迎えるためのお祭りがありました。

その時に、お供え物として供えられていたお餅が、供え終えたあとに、お下がりとしてもらったものを子ども達に食べさせる御歳魂(おとしだま)というものが、現在のお年玉の起源ではないかとされています。そして室町時代に入ってく ると、男の子に対しては凧を、そして女の子に対しては羽子板であったり紅箱などといったものをお年玉として、贈答していたと言われています。

ですので、現代のように金銭ではないのですが、目上のものが目下のものにたいして、贈答品を贈る習慣というのはすでにこの頃からあったようなのです。また、そのようにお餅だったものが、お金に代わっていったのは、商家が使用人に対しておこづかいを渡していったことがはじまりではないかというような説もあります。

スポンサードリンク

お年玉の基礎知識

お年玉付き年賀ハガキ

お年玉のマナー

その他のお祝い

お正月について

ページトップへ