お年玉との上手な付き合い方

お年玉の基礎知識

お年玉の意味

まず、お年玉というものは、もともとは新年を祝っていくために年長から贈答される品物のことを差していました。しかし時と伴にこれが少しずつ変化していき、現在では子どもに金銭を与えるというようなことや、その金銭のこと自体を指して使われるようになってきました。日本での歴史というのも非常に古く、中世にまで遡ってしまうと言われています。

次に、お年玉と年末に送るお歳暮という物の最も大きな違いというのは何でしょう。それは、お年玉は目上の者が目下のものに対して贈るというものだと言うことでしょう。この、お年玉と言う言葉自体の由来というのは諸説あるのですが、歳神様に供えておいた餅の玉を、いろんな子どもたちに食べさせることで、これによって年の賜物ということで、としだまという名がつき、それがお年玉として根付いたとも言われています。

韓国であったり、中国というような日本に非常に近いアジアの国でも、このお年玉という習慣はあります。ただし、これらの国では日本と少し違っていて、旧正月に行われるような行事となっています。

特に中国の場合においては、お年玉ではなく圧歳銭というように呼ばれ、子どもに対して金銭を与えることでその子どもを一年間、祟りなどから守ろうというような民間信仰に基づいてます。

お年玉というのは日本ではとしだまに接頭語である、おがついたものであり、玉と表記がされているのですが、元は魂(たましい)を意味しているというように考えられます。お供え物に宿っている新年を司っている年神の魂が、子どもたちを守ってくれるという考えなのです。

スポンサードリンク

お年玉の基礎知識

お年玉付き年賀ハガキ

お年玉のマナー

その他のお祝い

お正月について

ページトップへ