お年玉との上手な付き合い方

お年玉の基礎知識

お年玉について

日本ではお正月の楽しみの中には、親戚などと一緒に初詣に行く、もしくはお年玉というものがあるのではないでしょうか。これは一年に一度しかないお年玉という行事ですから、みなさんも子どもの頃には、とても楽しみだったのではないでしょうか。

しかし、このお年玉というもイベントですが、もともとはいったいどの様なものだったのでしょうか。しっかりと知ることでこれからお年玉を上げるといときには少し気持ちが変わりそうですよね。ですので、この項ではお年玉とはいったいどの様なものであるかということをお伝えしていきたいと思います。

お年玉というものは、新年を司る歳神様という神様に供えていたお餅を下ろし、それを年少者に対して分け与えていったというのが始まりであるといわれています。

またこのとき、餅が年の初めに分配されるというようなことから、年の初めの賜物であるということで、年賜(としだま)が、徐々に変化していったのではないかという説や、鏡餅の形が丸かったことから、お年玉になっていったというような説もあります。しかし、いずれにしても歳神様に由来しているということです。そして、お年玉が金品などの贈答品を贈るという意味の言葉として使われたのは、室町時代頃から見え始めました。

その当時は茶碗であったり扇などといったような、様々な物を贈り物として使っていました。また、地域によっては、元旦に歳神様に村人が扮して各家庭を回り、子どもたちに対して年玉と呼ばれる丸いお餅を配って歩くというような行事が今でも残っています。

スポンサードリンク

お年玉の基礎知識

お年玉付き年賀ハガキ

お年玉のマナー

その他のお祝い

お正月について

ページトップへ