お年玉との上手な付き合い方

その他のお祝い

七五三

日本では、たくさんのお祝い事をするというような文化があります。例えば新年を迎えたお正月には、初詣にいく、お年玉をあげるなどたくさんのイベントがあります。そして、お正月以外にも、たくさんのお祝い事というものがあります。その中でも子どものお祝い事としては、七五三というものがあります。この七五三というものは、一体どういったものなのでしょうか。この項では、そこについてお伝えしていきたいと思います。

まず、七五三というのは子どものその後の健やかな成長などを祝うというような意味の儀式です。基本的には、男の子が三歳と五歳になったときに行い、女の子の場合は三歳になったときと、七歳になったときにお祝いするというような行事です(これは地域によっては、違う場合もあります。)。

七五三のお祝いというのは、元々は十一月十五に行なわれていることが多かったのですが、最近では、特に十五日でなければならないというような日付けにはこだわることはなく、十一月十五日を中心として、その前後にあるような土日を利用してお祝いするということが多いようです。

たったの百年くらい前までというのは、この日本でも、貧困であったり、衛生面や医療といったような面での問題から、最近のように乳幼児の生存率というのは今ほどは高くはなかったのでした。

ですので、三歳や五歳、そして七歳をひとつの節目として、その年まで子どもが無事で健康的に育ったということを祝って、その後も健やかに成長していくことを祈願するような儀式として定着したものが、現在の七五三であると言われています。

スポンサードリンク

お年玉の基礎知識

お年玉付き年賀ハガキ

お年玉のマナー

その他のお祝い

お正月について

ページトップへ