お年玉との上手な付き合い方

その他のお祝い

お宮参り

日本では、昔からさまざまなお祝いをするような文化であるといえます。例えば新らしい年を迎えたお正月という時期には、みんなで初詣にいったり、親戚の子どもにお年玉をあげるといったようなイベントがあります。

また、お正月だけでなくて、他にも日本にはたくさんのお祝い事というものがあります。その中でも、子どもに対してのお祝い事のひとつにお宮参りというものがあります。では、このお宮参りというものは、どういったものなのかということが気になりますよね。この項では、そこについてお伝えしていきたいと思います。

まず、お宮参りというものは、赤ちゃんが生まれたときの土地を守っていると言われる、守り神様の産土神(うぶすながみ)様に参拝するというような行事のことをさします。 ですので、うぶすなまいり(産土参り)とも呼ばれます。他には初宮参りであったり、初宮詣などとも言われるようなこともあります。

お宮参りというものと水天宮についてですが、赤ちゃんが生まれたということを祝って、長寿と健康についてを祈る儀式のことをお宮参りと呼びます。前述したように、赤ちゃんの生まれた時の土地を守っているとされる、守り神の産土神様に対してお参りをするというのが一般的なお宮参りのですが、お母さんが安産にたいしてのお礼参りもこの時に一緒にお参りをするというような風習もあります。

その中でも、安産の神様というものでは水天宮というものが良く知られています。水天宮では安産であったり、子育てについての神様であるというような信仰があります。

スポンサードリンク

お年玉の基礎知識

お年玉付き年賀ハガキ

お年玉のマナー

その他のお祝い

お正月について

ページトップへ