お年玉との上手な付き合い方

お年玉付き年賀ハガキ

お年玉付き年賀ハガキの由来

お正月の楽しみとしては、初詣にお雑煮、そして年賀状ですが、皆様もご存知の通り年賀状には番号が振ってあって、当選番号が発表されて色々な景品と交換することができるというものがあります。これをお年玉付き年賀ハガキといいますが、このお年玉付き年賀ハガキとはいったいどの様なものなのでしょうか。この項では、これについてお伝えしていきたいと思います。

お年玉くじの付いた年賀はがきというのは、実はそのアイデアは民間人の考案によるものです。その当時の郵政大臣などに対して、何度も何度も直談判をして、採用してもらえたというものなのです。

一九四九年、その当時京都に在住で大阪で、洋品雑貨の会社を営んでいた林正治さんが、終戦の直後であり、通信手段というものが十分ではないこの時代に、昔のように年賀状というものが復活さえすれば、差出人であったり、また受取人とともに消息を分かり合うことができるであろうというような思いで、考えついたものがきっかけであると言われています。

この年賀状自体に、お年玉くじを付けてしまえば多くの人が買ってくれる、さらにそれに寄付金を付けてしまえば、社会福祉にだって役に立つという考えがあり、まず大阪にある郵便局で郵政大臣に対しての紹介状を書いてもらって、その後上京してから郵政大臣と面会していきました。

そして、お年玉付年賀ハガキというのは現在までも続いている、大ロングセラーとなりました。そして、大いに感謝をされた考案者の林は、郵政審議会での専門委員まで務めたりしました。

スポンサードリンク

お年玉の基礎知識

お年玉付き年賀ハガキ

お年玉のマナー

その他のお祝い

お正月について

ページトップへ